檜の羽目板施工(浴室高質化工事)



ついに..!



檜の羽目板が施工されました*



木と木の間に挟まっているものは


スペーサーと言って



無垢の木が湿度によって


収縮・膨張する際の


適度な隙間をつくるためのものです



逆に、梅雨時など


湿気を吸収しきった状態の木を


施工する際はスペーサーを使用せず


隙間なく施工するそうです



無垢材は "生きている"


ということを改めて実感



羽目板施工が完了したら



檜の化粧垂木を施工していきます



規則正しく並んでいるものの美しさ..



寸法を測って切る人


中で施工をする人




大工さん達の阿吽の呼吸で


猛スピード且つ、丁寧に、


工事が進んでいます◎









 

最新の施工例はこちら☞Instagram


施工例movieはこちら☞YouTube